羽田空港でレンタカーを利用する【フライトエンジョイゲート】

歴史もある

カー

レンタカーのこれまでの歴史とは

レンタカーは自動車が高価格だった時代に、庶民がドライブをしたいという需要に的確に対応した点が特徴的である。そのために消費者の節約に対する強い意識にマッチしていた点が、これまでのレンタカー業界の特徴であろう。また次第に営業拠点が増えるようになったので、旅行の目的地の駅前や空港の近くで借りるスタイルが定着したのがこれまでの流れである。更に最近の10年ほどの間に、レンタカーの利用料金の低価格化が進んだだけではなくて、短時間の利用サービスが一般化したのも大きな変化である。特に近年では1時間以内の低料金のプランも登場しているので、従来のような長距離の移動だけではなくて、送迎のような短距離の移動でもレンタカーが利用可能である。

今後のマーケットの動向とは

今後のレンタカーのマーケットは、IT化の進展によって更に発展することが想定可能である。特にカーシェアリングのようなビジネスモデルが登場することで、ますます身近な存在になるであろう。また最近注目されているのが無人のカーシェアリングの拠点の普及であり、自宅から徒歩圏内でレンタカーのサービスが利用可能なエリアが増えるであろう。その場合にはウェブで予約が可能なので、使いたくなった時にいつでもネット予約ができる点が魅力的である。更に利用料金もカード決済が主流になり、ネットバンクを通じて24時間いつでも料金が支払えるであろう。そして車いすも輸送できるような大型の車種や、環境に優しいエコカーの普及も進むであろう。

Copyright© 2017 羽田空港でレンタカーを利用する【フライトエンジョイゲート】 All Rights Reserved.